FC2ブログ

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一柳家エロ奉公メイド8

   リビング
「田中、すっかり優菜に骨抜きだなぁ」
「副社長……?」

 優菜は田中の耳元で
「お風呂に盗聴器がついているから聞かれちゃっているのよ」
「副社長……あの……」
「でもよぉ……2人で外で会うのはやめろよ。見られたら困るだろう」
「………そうですね。副社長」
「会うんだったら、ここで会えよ」
「え……副社長……」
「あの件はこのまま継続でな」
「分かりました。そろそろ失礼させていただきます」
「玄関までお見送りいたします」

 玄関
「正実、気をつけてね……ちゅっちゅっ」
「優菜、これじゃあ、離れられなくなるだろう……チュッチュッ」
「そうだ、これ、昴から」
「副社長から……これは?」
「……昨日の夜から朝まで、優菜のおまんこの中に入っていたバイブ」
「白くなっているけど……」
「優菜の愛汁いっぱいついちゃった」
「え……」
「だって、正実が来る1分前まで、昴に逝かされ続けたから」
「これ、どうしろってことだ」
「これで、会えない時は我慢しろってことじゃない」
「いい物貰ったなぁ。これで、どこでも優菜を想ってオナニー出来る」
「もう、正実の変態」
「優菜にお願いがあるんだけど……」
「なに」
「これをおまんこに入れて、M字開脚してくれ」
「それをさせてどうするの」
「写メ撮って、待ち受けにする」
「奥さんに見られたらどうするの……」
「会社用の携帯の待ち受けだから大丈夫だ」
「待ち受けもいいけど…オナニー動画撮って欲しいな」
「ここでか……変態だなぁ。優菜は……」

 それから、玄関で、はめ撮りエッチ
 1時間後、私は、昴と奈美さんにお仕置き調教され……おまんこからは、精子なのか愛汁なのか分からない物が、大量に流れ出っぱなしになり、動く事が出来ないくらい愛され続けた
「優菜が好きなのは誰だ」
「昴と奈美さんです」
「田中はどうなんだ」
「正実は……田中様は」
「ほう、もう田中まで、手なずけたのか……Mのくせに変態だなぁ」
「そうね。玄関でおまんこ洪水にさせてるくらいだからね……キリキリピーン」
「ハア…ハア…ハア……奈美さん……許してぇ・・・・・・」

一柳家エロ奉公メイド7

久しぶりの更新です

「田中、もう1戦したいだろう」
「とんでもないです」
「私は田中様に玩具にされたいです」
「優菜さん…」
「優菜、田中を風呂に連れて行け。」
「はい。」
「副社長?」
「楽しみだな」
「はい(盗聴する気だ)田中様こちらです」

 そう言って、田中の手を取り、お風呂場まで連れて行った
「優菜さんは、その…」
「なんですか」
「彼氏さんとかいるんですか…」
「いないですけど…田中さんは」
「・・・います・・・でも・・・」
「でもなんですか」
「優菜さんの体が忘れられなくなりました」
「彼女さんよりもですか」
「いえ、妻よりもです」
「嬉しいです…愛してくれるんですか」
「愛してしまいました・・・ちゅ、ちゅ」
「田中様、お風呂から出て体洗わないと」
「優菜の体で洗って欲しいな」
「まずは、田中様に洗って貰いたいな」
「優菜のおっぱいは敏感なんだな」
「うん。特に…」
「乳首がだろ…キリキリピーン」
「ああん…もっと優しく…」
「もっと強くだな…ギリギリピーン」
「ああん…逝っちゃう・・・もっと・・・」
「変態だな、優菜は…グリグリぴーん」
「ああああああん……出ちゃう……プシャャャャ」
「派手な潮吹きだなぁ……エロ過ぎ……」
「お願い、田中様の大きなおチンチン、優菜のおまんこに挿して下さい」
「自分からおねだりしちゃうんだ…本当に変態だね…優菜は……じゅぷ・・・じゅぷ」
「ああーーん」
「くっ…熱い…優菜のおまんこの中」
「田中様…」
「正実って呼んでくれ」
「正実…欲しい」
「優菜、欲しかったらさっきのおねだりみたいに自分でしてごらん。上に乗って」
 
じゅぷじゅぷ…

「ああーーん、正実も動いて」
「バンバン…欲張りだなぁ…優菜は…副社長のおもちゃじゃ足りないのか」
「奈美さんの玩具にもなってるよ」
「奥様の…バンバン・・・」
「うん」
「本当に欲張りだなぁ…そろそろ…逝きそうだ…バンバンバンバン……」
「ああああん……正実出して…・・」
「出る出る……ドピュ……ドクーーーン」
「ああああああん、正実好き」
「俺も、愛してるよ。優菜……ちゅちゅ」


お風呂

お風呂
お風呂でエッチな事をするのが大好きなゆーなです
いつかそう言う事が出来る人が現れたらいいな

リアルゆーな

私の好きなゲーム

私の大好きなゲームの一部です

図書館

この間行った図書館にまた行きました
勉強スペースに行ったら、この間の男の子がいて、目が合った時、男の子が真っ赤な顔になっちゃったから、いたずら心で、トイレに行って、履いてたパンツを脱いで、勉強スペースに行って、その子の隣に座ってその子の膝の上にパンツ置いてあげました

ついでに、その子は高校生です

その後どうなったかは内緒・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。